赤ちゃん 食事 仕方

赤ちゃんの食事の仕方

赤ちゃんの食事の仕方

赤ちゃんは、初めは母乳やミルクを飲んで育っていますが、ですが大きくなるにつれて離乳食を進めていくようになります。

成長に応じて必要な栄養素を摂取するだけではなく、 「噛む」「飲み込む」などの食べる練習をしなくてはいけませんし、色々な食べ物や味に触れて食事の楽しさを覚えさせる時期でもあるのです。

首がすわって、ある程度座ることが出来るようになってきて、食べ物に対して興味が出てきたら、離乳食を始めるといいでしょう。

食べ物に対しての興味とは、食事をしている時に食べ物をじっと見てきたり、よだれを垂らしたりしてきます。

離乳食のスタート時は、なめらかにすりつぶしたペースト状の物から始めていきます。 まずは、10倍がゆといってすごくやわらかくしたおかゆをつぶしてあげます。 野菜も食べさせることが出来ますが、野菜はやわらくしてすりつぶします。

そして最初は、一口から始めていき、徐々に量を増やしていきます。 初めから喜んで食べてくれる子もいますが、嫌がる子もいますが、慣れてくれば食べてくれるので焦る必要はありません。 また味覚や消化力が未発達なので、大人とは別に作るようにしてください。

初めは飲み込めるように、裏ごしやすりつぶしをしっかりしてあげなくてはいけません。 そして硬さは、赤ちゃんが下でつぶせるくらいにしてください。 そして徐々に歯茎でつぶせる硬さに変えていきます。 裏ごし器やすり鉢、おろし器などは、大人が使っている物を使わず、ベビー用品店にセットで売っているので、それを買って作ってください。

離乳食を作るのが楽しいと感じるのであれば良いですが、ストレスになってしまうような時は、ベビーフードに頼るのもいいのかもしれません。 ベビーフードはしっかり栄養バランスが考えられていますし、温めるだけで簡単に食べさせることが出来るので、便利かもしれません。

そして食べさせる時には、汚れてしまいますがテーブルで食べるようにすると、良いと思います。 食器などもベビー用品店にセットで売っているので、それを買うといいでしょう。 それらの食器は、可愛い物が多いので好きそうなものを買ってあげると、食事するのが楽しくなると思います。

また初めは、離乳食があげやすいように、柄の長いスプーンが食器セットの中に入っているので、それを使います。 そして徐々に赤ちゃん自身が使いやすい物に変えてあげるようにしましょう。 また食べこぼれをしても大丈夫なように、ポケット付きのエプロンなどを使うと、服などが汚れにくいと思いますが、中には付けるのを嫌がる子がいます。

離乳食は5~6ヶ月頃から始めます。 そして初めは、3食食べさせるのではなく、1日1食で少量から始めます。 そして始める日は、機嫌がいい日にして、1日1品1さじからで、初めは10倍がゆから食べさせ始めて、徐々に野菜などをあげていきます。 あげる時間帯は、午前中にしたほうが良いようです。

そして離乳食を始めてから1ヶ月くらいが立ったら、1日2食にしていきます。 そして徐々に食べさせる食品が増えていきますが、2食になったら午前のご飯は新しい食品を挑戦して、午後方は慣れている物を食べさせるようにするといいでしょう。 この時くらいから、飲むことも覚えさせていきます。 飲ませるものは、ノンカフェインのお茶かお水が良いと思います。 トレーニングマグを使い覚えさせていきます。このマグも年齢ごとでセットになっている物があるので、それを買うと便利だと思います。

7~8ヶ月になったら、舌でつぶせる程度の硬さにしていきます。 徐々にモグモグしてさせることを覚えさせます。 たまに下痢になってしまう子がいるので、下痢になった時には離乳食を一旦やめてください。 初めは下痢になってしまう子がいますが、徐々に消化や吸収できるようになってくるので、そのくらいになれば、下痢になる事がなくなってきます。 離乳食が上手く進めば、母乳やミルクの飲む量が減ってきます。 子供があるがっている時や汗をかいた時には、水分補給をしっかりしてください。

9~11ヶ月になったら、3食にしていきます。 そして食べ物の硬さは、歯茎でつぶせるくらいの硬さにしていきます。 この頃くらいから、薄味ですが味をつけて食べさせることが出来ます。また手づかみで食べようおとするので、持って食べられるように工夫するといいでしょう。

12~18ヶ月になったら、生活リズムを整えていきます。 噛んだりつぶしたりすることが出来るようになる時期です。 大人と同じような物が食べられるようになりますが、味は薄味にしなくてはいけません。

そして1歳が過ぎたら、牛乳やフォローアップミルクをあげるようにしましょう。

このように進めていきます。離乳食の進み具合は本当に人それぞれなので、焦る必要はありませんしから、その子のペースに合わせて上げるようにしましょう。 そして食べることは、楽しいことということを覚えさせてあげましょう。

レシピが良く分からないという人は、ネットでも色々レシピが載っていますし、離乳食の本もあるので買ってもいいと思います。 また自分でスプーンを使って食べたがる子がいるので、しっかり見ながらであれば、自分で持たせてあげるといいでしょう。そしてこぼれた時は、怒らないようにしてください。

そして食品によってあげていい時期などがあるので、しっかり確認してあげるようにしてください。あげるのが早すぎたりするとアレルギーになってしまうこともあるようです。

↑ PAGE TOP