食事 睡眠 関係性

食事と睡眠の関係性

食事と睡眠には、大きな関係があることを皆さんは知っていますか?

夕食のメニューによっては、「寝付けない」「寝ている途中で目が覚める」などの症状が現れることがあるのです。 ということは逆にメニューに気をつければ、朝までぐっすりと寝ることが出来て、目覚めが良くなるということです。

まずは睡眠に良くない食べ物から紹介します。 代表的なのは、天ぷらなどの揚げ物だそうです。 揚げ物は、胃の中に停滞する時間が4時間以上と言われています。 他にも、ステーキや焼き肉などのタンパク質や脂質が多い食事も消化するのに時間がかかります。 これを見てもわかると思いますが、消化をするのに時間がかかる食べ物は、眠りをさまたげる原因になるのです。 人の眠気というのは、体温が下がるタイミングに合わせてやってくるのです。そのため自分の就寝時間が近づいたら体温をあげないようにすると、安眠できるようです。

ですが、食べ物によっては寝る前に体温が下がらないことがあります。 その一つの原因として考えられるのが、食事なのです。 胃の中に食べ物が多く残っていることで、胃の消化活動が活発になり体温が下がりにくくなってしまうのです。 なので先ほど紹介した食べ物のように消化に時間がかかってしまう物は、睡眠にとっては良くないということです。

その他の食べ物は、だいたいほとんど2~3時間くらいで消化することが出来ますが、この時間は、単独で食べた時の時間なので、他の物と一緒に食べた場合は、消化するのにもっと時間がかかってしまいます。 食べ物が全て消化さるのを待つ必要はありませんが、就寝時間の2~3時間前までには、食事を済ませておいた方が良いでしょう。 食事をしてすぐ寝るのは良くないので就寝時間の2~3時間前までに済ませるように心がけてください。

また胃の中に食べ物がたくさん残っていると、寝ることが出来たとしても眠りが浅い状態になってしまうのです。 起きてから寝たはずなのに、疲れが取れていないなと感じた時は、これらが原因になっている可能性があります。

また温かい物を夕飯に食べると、ぐっすり寝ることが出来ると言われていますが、温かい物を食べると、体温を上げることが出来るのです。 そして一度上がった体温が下がる時に大きな差が出来るので、心地よく眠れるようです。

では、逆にどのような物を食べると不眠には良いのかを見ていきましょう。 トリプトファンという栄養素を摂取すると、安眠や快眠に繋がると言われています。

ではトリプトファンとは何なのかということと、どんな食べ物に含まれているのか見てみましょう。 まずトリプトファンは、アミノ酸の一種だそうです。 トリプトファンは、体内に吸収されると、睡眠ホルモンである「メラトニン」に変化するようです。 脳内でメラトニンが分泌されることで、人は眠くなってくるので「メラトニン」は重要なのです。 どうしてかというと、メラトニンは体温を下げてくれたり、副交感神経を優位にしたりする効果があるからです。

どのような食べ物に含まれているかというと、肉、魚介類、穀物、乳製品や豆類などに多く含まれているのです。なのでこれらを摂るようにすると、不眠の方でも眠れるようになるかもしれません。

トリプトファンがメラトニンに変わるまでには、10時間以上かかるのではないかと言われているので、朝食や昼食にトリプトファンを摂取することが大切なのです。 そうすることで寝る前には、メラトニンに変わっているということになります。 変わるまでに時間がかかるので、トリプトファンも摂っても眠くなることはありません。 トリプトファンやメラトニンのサプリがあるので、それらを使ってもいいと思います。 またビタミンB1は、イライラや不安などのストレスから神経を沈静化してくれるので、安眠に役立ちます。豚肉や大豆製品、ゴマなどに多く含まれているので、積極的に摂るようにするといいでしょう。

また飲み物にも気をつけましょう。 お酒を飲みすぎてしまうと、睡眠のリズムが崩れてしまいますし、トイレに起きたりするので、睡眠の質を下げてしまうのです。 もしも500mlのビールを飲んでしまうと、分解されるのに2~3時間かかってしまいます。 なので、飲み過ぎは禁物なのです。 またコーヒーや紅茶などのカフェインが含まれている飲み物も覚醒作用があるので、眠りにくくなってしまうのです。 持続時間が4~5時間あるので、夕方以降は避けた方がいいでしょう。

そのような物は避け、白湯を飲みようにしましょう。 白湯は血行が良くなる効果があるのでお勧めです。 またホットミルクもカルシウムが取れるのでいいそうです。

また寝る前には、暗くしたりすると眠気が来たりしますし、寝る前には出来るだけ携帯をいじらないようにしましょう。携帯のブルーライトを見てしまうと、なかなか寝れなくなってしまうので、気を付けましょう。

このようなことに気をつけて生活するだけで、なかなか眠れなかった、眠りが浅かったのも改善できるのではないでしょうか。 睡眠に対して悩んでいるのであれば、試してみてはどうでしょうか。

↑ PAGE TOP